情報を無駄にしないで活用する意味を解説


環境を自分に結びつけた時、何かが始まる!

経験を最大限に活用する

情報過多の時代、世の中は物と情報で溢れています。

使わなくなったものは、どんどんと不要になっていきます。

人生においても、無駄・遠回りの行動でデータが増えていきます。

それらの情報は活用されること無く、忘れていきます。

しかし、自分の大事にしている情報は、無駄にせずに活用したい。

そのためには、どうすれば良いのか?

考えつくのは、自分が経験したり見たことを全部記憶していて、必要な時にそれを自由に使えること。

これは現実には難しいですが、ITを使えば近づけていくことが可能です。

すべて記憶するには

経験をゴミにしないためには、経験を記憶しておくことが必要。

ゴミになるシステム

忘れることで放置 → 所有権が分からなくなる → ゴミになる

記憶しておくには、情報・経験のログを取ることを習慣化すること。

ログの取り方は、基本はテキスト画像

これに音声動画を加えることも出来る。

昔の書籍に書いていることを記録として使う場合、一旦デジタル化する必要がある。

若い人であれば、デジタルの本から始めた人もあるだろうが、大抵の場合、紙の本が沢山ある。

とにかく、デジタル化出来るものはデジタル化し、記憶として使えるようにする。

ここで、記憶の意味だが、

記憶とは、デジタルデータを1つのアカウントに紐付けすること。

昔であれば、脳に紐付けするが、現代はパソコン上のアカウントに紐付ければ良い。

それが、今までの記憶に相当する。

自己データの活用方法

次に、必要なデータを呼び出してアウトプットできるようにする。

どのようなデータを在庫として自分で持っているのかは知っておく。

必要な時に適宜にアウトプットできれば活用になる。

あやふやなデータは残さない。

考えることは少なくし、パズルを組み立てるような感覚で進む。

スキャナーとHDDの無限記憶

具体的には、無線スキャナーを使おう。

無限記憶の活用すステム

データ化 → HDD保存(SSD) → 検索呼び出し

【無限記憶装置】無線スキャナーを活用していこう!

ピクチャに何でも保存、エクスプローラー検索機能で超時短!

・バクアップには、USBに挿すだけの外付け薄型SSDが便利