電話・パソコンメール・LINEチャット・動画のメリットとデメリット 奈良市

メッセージの送り方は時代とともに変わってきました。現代、いろいろな方法が存在しています。

電話から、メールへの移行

ガラケー時代

ガラケーの時代から、コミュニケーションの仕方は変わってきた。

ガラケー時代、メール送信をして伝言を相手に伝えた。

相手の言葉が文字で見えることに、新しい感覚を覚えた。

また、メール送信しておけば、時間差でも要件が伝わるので、相手の負担を軽減でき時短効果の始まり的な存在だった。

文字化が苦手な人

文字にするのが苦手な人は多い。電話は、直接話してメッセージを相手に伝えるのが一番手早いツールだ。

文字化できないと話の内容があやふやになり正確な話ができない。

文字化や説明が苦手な人は、とにかく話を相手に聞いてもらって自宅に来てもらい問題解決をするパターンが多い。

この場合の問題は個人の環境の問題になり、個別事象のサービスになる。

企業のフリーダイヤル

一昔前までは、企業のカスタマーサポートの電話はフリーダイヤル0120で無料だったが、近年では質問が殺到するため有料のナビダイヤル0570に変わっているところが多い。

また電話対応ではなく、チャット形式の対応も多くなった。電話時代を送ってきた人には、逆に不便な時代になったという意見が聞かれる。

パソコンメールの活用

パソコンメールも生活に必要なものになり、電話に代わる連絡手段になった。

時間の空いた時に見ることができることや、パソコンデータを添付して送受信できることなどがメリット。

ただ、相手がメールを受け取りそれを開いたかどうか確認ができないので不安が残る。(最近では相手が開いたかどうか確認できるメールが多くなってきた)

管理ができていないと迷惑メールで一杯になり、確実なやり取りが不可能になる可能性がある。

電話よりも時間がかかることがあり、急いでいる人には不向きなツールになる。

ブログにとにかく速い!レンタルサーバー

LINEによるチャットの登場

その後、LINEチャットや Facebook Messenger が普及しだした。

これは、メールアドレスが不要。

会話がビジュアル化されてタイムライン表示されることで、大きな可能性を開いた。

次第に文字だけではなく、スタンプや動画やパソコンデータも送信できるようになり、テレビ電話機能も使えるようになった。

ただこれも電話に比べて直接に意見が伝わりにくいし、機械の操作が苦手な人は使えないデメリットがある。

電話のデメリット

SNSのチャットやメールでのコミュニケーションが普及しだすと、今まで活用していた電話が煩わしくなってくる。

電話番号を通知している友人から電話がかかってきた時、直ぐに出ることは難しい。

コミュニケーションをWEB画面に集中させていると、リアル空間で入ってくる電話に対しては管理外の存在になる。

WEBで順番に伝達内容を作っていても、電話が入ってくると一気に順番を抜かされて、優先順位を壊されてしまう。

チャット・メールはデジタル空間、電話はリアル空間のツールと言える。

この二つの関係が、相反する効果を持っている。

近年では、電話は相手の時間を強制的に奪ってしまう非常識なツールであり、「順番抜かしツール」でもある。

動画メッセージを送る

ビデオ動画を使ったコミュニケーションも存在する。

自分の言いたいことを、動画に撮っておき、Facebook で送信する.

こちらで勝手に、論を展開しておいて相手に伝われば、後でその反応を聞き取りやすい。

相手の時間の邪魔をすること無く、空いて時間に見てもらい、共有した作業が進められる。

時間がないときは、返って、写真と短めの文章が、効果的だ。

動画メッセージ保存方法はローカルデータでも良いですが、YouTubeの限定公開にアップしておくと直ぐに使うことができる。

限定公開なので、外部の人はほぼ見ることはない。

相手にメッセージが伝わらない問題

現代は、電話以外にも様々な連絡ツールが増えてきました。

昔と比べ、連絡は取りやすくなったのでしょうか?

時短による大きなメリットはありますが、デメリットも少なからず存在します。

連絡が取れないケース

固定電話・・・まず出ない可能性が高い。

携帯電話・・・SIMフリーで番号を変更されることがある

メール・・・相手が見るかどうかは不明

SNS・・・アプリの種類が多く、相手がそのアプリを利用しなくなる

郵送・・・近年は郵便物も確認されているのか怪しい

自分がこれらに当てはまるので、そう思う。

毎日の情報が多いので、大事な日程を忘れているようなことも起こり得る。

少なくとも、自分のデスク周りはきちんと整えておくことが大切だ。

一つのことをしていると、それに情報が集まって増えるばかり。

よって、自分を再起動したり、常に物や情報を減らしていく作業が必要だ。