LINEチャットと動画メッセージのメリット


電話から、メールへの移行

ガラケーの時代から、コミュニケーションの仕方は変わってきた。

ガラケー時代、メール送信をして伝言を相手に伝えた。

相手の言葉が文字で見えることに、新しい感覚を覚えた。

また、メール送信しておけば、時間差でも要件が伝わるので、相手の負担を軽減でき時短効果の始まり的な存在だった。

LINEによるチャットの登場

その後、LINEチャットや Facebook Messenger が普及しだした。

これは、メールアドレスが不要。

会話のビジュアル化がタイムライン表示されることが、大きな可能性を開いた。

次第に、文字だけではなく、スタンプや動画も送信できるようになった。

テレビ電話機能も使えるようになった。

電話のデメリット

SNSのチャットやメールでのコミュニケーションが普及しだすと、今まで活用していた電話が煩わしくなってくる。

電話番号を通知している友人から電話がかかってきた時、直ぐに出ることは難しい。

コミュニケーションをWEB画面に集中させていると、リアル空間で入ってくる電話に対しては管理外の存在になる。

WEBで順番に伝達内容を作っていても、電話が入ってくると一気に順番を抜かされて、優先順位を壊されてしまう。

チャット・メールはデジタル空間、電話はリアル空間のツールと言える。

この二つの関係が、相反する効果を持っている。

個人的には、電話は「順番抜かしツール」と位置づけられる。

オススメ!動画メッセージ

オススメは、ビデオ動画を使ったコミュニケーション。

自分の言いたいことを、動画に撮っておき、Facebook で送信する.

こちらで勝手に、論を展開しておいて相手に伝われば、後でその反応を聞き取りやすい。

相手の時間の邪魔をすること無く、空いて時間に見てもらい、共有した作業が進められる。

時間がないときは、返って、写真と短めの文章が、効果的だ。

動画メッセージ保存方法はローカルデータでも良いですが、YouTubeの限定公開にアップしておくと直ぐに使うことができる。

限定公開なので、外部の人はほぼ見ることはない。