毎日の自己成長は、会話を通じて速く行われる

記事を速くアウトプットするには、話す相手があれば効果的だ。

人がアウトプットしたくなるのは話し相手があるときである。

当たり前のことだ。しかし、これは仕事をする上で様々なことに当てはまる。

ブログ記事を書く時にペルソナというのを設定するのがよく用いられる。

すなわち、話し相手を先に設定しておくと記事が書きやすくなるのだ。

数学の問題を解いたり、科学の研究をする場合は相手にメッセージは伝えないので、あまり話し相手を意識することはないと思うが、それでも誰かに結果を発表することを期待して仕事を進めることが多い。

自分の普段の生活での思考展開をする場合も、誰かに話を伝えるスタイルにするとスムーズに進んでいく。

そして、話し合いってどういう出口があると、今度はインプットが欲しくなってくる。しっかり勉強して、アウトプットしたくなってくる。

まず初めに、アウトプットする相手を設定することを行った後に、いろんな生産がなされ、全体が循環していく。

アウトプットする相手は、言い換えれば、自分が役に立つ場所である。