自分ファースト・健康ファーストで仕事効率を最大化


まず本体にエネルギーを充電する

良い行動が広まるには、真似してもらう必要がある。

書類作りで言えば、原本があってコピーがある。

原本を使ってしまったらコピーできない。

同様に、本体になる人が定まらなかったら、真似できない。

本体となる人は、動力を強化していく必要がある。

・まず本体にエネルギーを充電する

やる気が無いのにやっている時とは、本体にエネルギー充電していないのに作業している時。

そういう時は、失敗や事故が起こりやすい。

多くをすぐにやろうと焦るより、まず、本体にエネルギーを充電した方が、速くて良い仕事ができる。

急がば回れの原理だ。

休息第一主義のすすめ

現代はリアル空間と Web 空間の両方の作業が必要になっている。

予定毎日、とても労働時間が長い。

自分では気づかないうちに、働いてばかりいることになる。

せっかく自分の家に戻っても、またパソコン操作などで知らないうちに仕事をしている。

これでは疲れが溜まって、スマートフォンで言えば、バッテリーがどんどん消耗している状態。

しかし、10分も目をつぶっていれば、新しいアイデアが出てくる。

休むと新しいアイデアが出るので、今までやっていたのと発想が変わり、時短のアイデアが生まれる。

つまり、休みを多くとったほうが仕事はかなり短時間で終わる。

これが休息第一主義のメリット。

休息第一と言っても、サボっているわけではない。

休息による自分の自然治癒力によって、無意識のうちに仕事は良い方向に生産されていく。

この自然治癒力を活用することが、コンピューターの作業だけではできない超時短を生む。

休息の時はまず目をつむる。

暫くして、自分の心の底から無意味な映像が浮かんでくるような状況が、一番脳が休まっている。

「休息第一主義」を仕事スタイルに取り入れていこう。

健康第一主義のすすめ

仕事をするにしても、歯が悪くなった、目が悪くなった、血液が悪くなったとなれば、必ず医者に行くことになる。

仕事は中断される。

つまり、普段の仕事は健康の基礎の上に成り立っている。

パソコンワークをする時に、WindowsOSの調子が悪くなれば仕事はできない。

それと同じことが、健康について言える。

派手な仕事を期待するのは夢物語で、健康のことばかり考えることを仕事にしたほうが得策だ。

後このとは自然と付随してくる。