カンニング時代の上手な生き方を解説!


ネットが普及する20年前と現代の思考法の違いを考察しました。

2010年以前のやり方は、無意識に頑張ってしまう設定になっています。

頑張っている時は成績が悪い時

2010年以降、スマホで直ぐに検索が可能になった。

分からないことは、すぐに調べることができる。

それまでの学習方法は、答えを見てはいけない。自分で考えるのが前提だ。

これは、機械を使わずに自分のスキルをあげ、記憶量も増やすというやり方だ。

しかし、社会は実際は答えを見てなるべく速く進むやり方で進んでいる。

機械を使うのが前提で、社会は進んでいる。

今までの習慣では、頑張った時=成果が上がった時。

現代では、そうではなくなっている。

頑張った時=自力で解いている時で、カンニングをしていない状態。

頑張っている時は、逆に効率が下がっている状態。

頑張ってないと罪悪感が生まれるのも、現代では正しくない。

カンニングしている時は頑張ってないけれど、効率が上がっている。

現代で必要なのは、どの答えを見るかを思いつく「発想」の方だ。

実際に頭を回転させて作業する方にエネルギーを使うと遅くなる。

結びつけ、思いつき、ひらめきがより大きな時短になる。

情報過多の時代の最速生活とは

最速で結果を出すサイクル

WEBカンニング → 直感作業 → 休む →  WEBカンニング

これが最速!

サイクルに「考える時間」はできだけ無くす。

それに時間を取ってると遅い。

WEBを長く見つめるのも良くない。

学生の時から、考えて解くことを教えたれてきた。

考えるとは、自分の頭を使うこと。

そもそも、現代はこのやり方は古くなっている。