ブログネタ・文章データが脳に書き出される時はいつ?

文章が書き出される時とは

生産性が上がっている時は、多くのデータが書き出されます。

創作活動が進んでいる時です。

脳に多くのデータが想起される時と言えます。

どんな時に沢山のデータが書き出されるのでしょうか?

感情が動いた時、変化した時でしょう。

別の面から見てみます。

データが脳に書き出される時

基本的に新しい動きをした時にデータが書き出される

1.経験した時

2.体感した時

3.思考展開した時

一日のうちで、一人でつぶやいている時はどんな時でしょうか?

この時は、思考が進んでいる時です。

外からの新しい情報が入ってきて内面が変化した時などです。

この自分の脳に書き出されたデータは、無駄なものもあるでしょうし、結構人の役に立つものもあるはず。

・ルーティーンの毎日

ルーティーンのレール上で動いている時は、新しい経験をしない。

行動しないのでブログネタになるデータが生成されません。

リアル空間に気を配っている時は

リアルの空間を観測していたり気を配っている時は、文章を書くことに時間をかけません。

文章を書くのにかける時間が長いと、生活でリスクが生じるためです。

発案に力点がある時は、書き出されるデータは短くなります。

懇切丁寧に文章を書けば記事のPVが上がることは明らかですが、書いた記事が見られない可能性が50%ある場合、経験値を積むほど外れるリスクのあることはしなくなります。

矛盾・腹立たしさを感じた時

環境で正しくないことに出会った時、矛盾を感じます。

この時も、とても沢山のデータが脳に書き出されます。

ノルアドレナリン系の興奮状態のデータの生成です。

この時のデータは、ブログネタには使わないほうが良いです。

人の役に立つデータではありません。

そして、このデータを書き出すと矛盾に対する腹立たしさが記憶に焼き付きます。

一回くらい書き出して、さらっと忘れましょう。

Vektor WordPress Solutions

※WordPressで有効化して使えます