AI時代、過去のデータ整理を解説


過去の記憶データがもつ意味

一生のうちで 沢山の記憶があります。 昔より今の方が 何倍も 記憶することは多くなっていると思います。 些細なことは どんどん忘れていっているでしょう。

また時代の変化とともに、昔価値があったものがなくなったり、正しかったものが正しくなくなったりするような事も多いと思います。

自分の昔の考えが、今となっては全く肯定できなかったり、昔を否定したり、ただの ゴミみたいなものだったりするかもしれません。

自分の体の中に蓄積されている過去のデータというのは沢山になって、それが繋がっていない場合は、頭の中でとても煩雑で、動作を妨げるものになっているでしょう。

それが自分の判断力を鈍らせたり、次の思想を展開ができなかったりする要因となっている場合もあります。

自己データをデジタル化し循環

必要なことは、過去の自己データの整理です。

不要な自己データは廃棄して身を軽くし、新陳代謝をはかっていかなければなりません。

また、自分の身につけておくデータは、現代に調和するように組み入れられなくてはなりません。

現代において価値はどんどん変わっていきます。

連れてきたデータというのは日々その位置づけが変わります。

それに伴い、自己組織を変形することが必要になります。

これを具体的に行うためには、日々の自己データを記録しておくことが大切になります。

20年前(PC普及)までの記録というのは余り残っていないので、思い出しながら過去の記録をデジタルに書き出す必要があります。

情報整理に音声入力を活用

デジタル化されたデータは、整理しやすくなります。

自分の脳の中を整理し組立て直すということが可能になります。

引き締まった筋肉質の体を作るには、このデータの整理と変形と情報ゴミの廃棄が必要になります。

AI時代、トランスフォーム機能を持つことがとても大切になります。

そのため、自分の考えを文章で起こしてデジタル化しておきましょう。

スマホの音声入力を使うと、とても短時間で手軽に書き出しができます。