6年間、家族の食事を準備して分かったこと


スーバーのお惣菜が、なぜ変わらないのか

自分で調理していると大変なので、お惣菜をスーパーで買ってくるのが多いです。

家に来ると、住人は好きなものを食べたいので、私がスーパーマッケとになります。

品数が多いほうが良いので、少量のパックが種類多くあったほうが良い。

スーパーは、少量で売るとパックに手間がかかって、儲けにならない。

だいたい、3人分くらいの量で売られている。

家族に一品出すと、残りの3分の2は、必ず余っていくのです。

2回同じものを出すと、だいたい食べてくれません。

よって、種類多く、ローテーションで回すことが食事提供のスキルになってきます。

このローテーションは、スーパー側も同じことで、メニューを崩すとお店のローテーションが回らなくなります。

家族が少ない場合

家族が少ない状態で、品数の多い食事提供を行っていると、必ずオカズの余りが増えていきます。

放っておくと腐り、衛生状態が悪くなっていきますので、消化しないといけない。

ということで、作る側はお金を無駄にしないようにすると、日常食べるものが余り物になってしまう。

それでも、食べきれずに廃棄していきます。

これは、スーパーも同じで、毎日たくさんのお惣菜が廃棄されていることが分かります。

家族の食事提供をして、自分のオカズは常にあるのですが、自分の好きなものを買って食べることが無くなります。

これは、フラストレーション、ストレスになります。

したがって、家族に買ってくるものを自分の好きなものと兼ねるようになる。

生鮮食品は、毎日買ってくる必要があるので、買って調理し廃棄するがサイクルになります。

365日、このサイクルを回し続けるのが生活ということになるのです。

・6年間大活躍のIHクッキングヒーター

今後の対策

生活はサイクルで回ることが分かりましたので、一つ一つの作業の手抜き、自動化が始まります。

前もって、多めに準備しておくとか、合理化が進みます。

不要な行動は削除し、役に立つものを周りに増やしていきます。

生活環境は、ITで管理するようになります。

・ダイヤル式で使いやすいオーブンレンジ