田舎暮し-時間の使い方がIT業務に合わない理由


事業形成を妨害するもの

自営業・自由業を始めると大切になることは、事業環境を形成していくことです。

顧客層、リピーターをつくっていくこと、知名度を上げていくこと。

日常には、この事業形成を阻む要因が沢山存在します。

事業妨害のイメージとして何が挙げられるでしょう?

IT環境を乱されることを第一に想像しますが、これは案外と簡単には起こりません。

目に見えない方で起こります。

それは、時間を乱すことです。

時間は目に見えないので、乱れたことを発見しづらい面があります。

事業形成が妨げられるのは、時間環境を乱されることが一番大きいです。

物を取られると誰もが怒りますが、時間を取られても曖昧になってしまいます。

事業形成を進めるために、日々の時間でプラスを生んでいないものは、どんどん削除していきましょう。

自営業・自由業の皆様は、自分の環境形成に注力していきましょう。

ワーケーション-環境は仕事にプラス

近年では、都会のビジネス街で仕事をすることに代わり、自然環境の良い観光地などでのんびりとパソコンワークをする仕事形態が推奨されてきています。

自然の気持ちの良い環境で、仕事をすると捗るでしょう。

では、田舎で仕事をするとこれと同じ環境なのかと言うと、そうではありません。

田舎の仕事場の環境の整備に時間と労力を取られる場合は、逆に仕事時間を奪われてしまいます。

草刈りや、建築のDIY、高齢者支援などが必要な田舎の環境では、ワーケーションとは逆の効果が仕事に働きます。

つまり、リアル環境の整備はパソコンワークの時間的な妨害の働きになる。

昔ながらの農家の組織の地域などに引っ越してパソコンワークをすることは、意外にマイナスの働きが多数存在します。

田舎で、のんびりとITライフを楽しむというのは、一見恵まれてそうですが、現実は簡単にはいかないのです。