信仰を解説|信心深い男の頑張らない勇猛精進

ノジオ

信仰って難しそうと思う人が多いよ。

信仰は幸福になるための技術よ。

そう考えると、普通のことよ。

信仰の目的

1.法を広めること

法を広めるのは漠然とした概念で、色んな意味を含んでいるのが分かりづらい。

「自己成長」「社会成長」を目的にするのが良い。

そのための「価値創造」を行う。

利益を上げることを目的とすることが世の中には多いが、それは利益を追いかけている姿になる。自己成長を目的とする時は、視線は外ではなく自分に向いている。

自己成長すれば、利益は2番目の要素として後から付いてくる。

自己回転すると前進する

環境が進まなくなって困っていると、自己生命も止まる。

環境が主、自分が従になってはいけない。

自分が主、環境が従。

そのためには、自分が先に回転すること。

環境は見ないで、自分の中の歯車を勝手に回せば、自分が進む。

進んだ自分は、環境を進める。

ブログにとにかく速い!レンタルサーバー

自発性からの変化

自己の内面から新しいものが芽生えた時、新しい言動が生まれる。

動かない固定化された環境は、ムーブメントを起こすことにより、変化させることができる。

環境が先で自分が後では、何も変わらない。

過去データを掘り返す

人生が経過して来ると、過去の思考や行動が埋もれてしまいます。自己の定義が何で始まったのか忘れてしまう。

自己がバラバラになった状態は、人生に沢山の無駄と不幸をつくっています。情報過多の時代では、特に自己を忘れる傾向にある。

信心で自分を内省し、自己データを発掘し自文に繋げていくことが自己成長の最短通路です。

環境を嘆いて止まらない

祈りは、環境との繋がりを一旦、切ることです。

繋がりを切って、自分一人で進む。

一人で進むのは、自転車をこぐように速く進み快適です。

祈りを忘れている時は、環境のことを考えて止まっている時。

その時は、生産スピードが下がっています。

遠回りなようで、環境を切って自分で進むのが生産量を増やします。

陰徳あれば陽報あり

陰徳あれば陽報あり」とは、現代ではWEB設定を行っておけばリアルの生活に良いことが起こるということです。

題目・唱題のメリット

メリット

・鼻から深呼吸するようになり、自律神経が安定する。

・内省力・自己洞察力が高まる。

・声を出すことでホルモン分泌が活性化する。

新しい信行学

行学絶えなば仏法はあるべからず。

信・・・唱題

行・・・WEB作業

学・・・仏法とIT学習

アウトプット効果

・手書き・・・部分的アウトプット運動

・題目 ・・・アウトプットの全身運動

スマホ時代の信心

信心とは自己の純化、自己統合の強化と言える。

2010年以前(スマホ普及前)とその後では、信心の世界も随分と変わる。

2010年以前に信心で自己統合をしていたものは、2010年以降のOPENな時代になり情報が溢れ出し、自己統合を進めていくには情報管理技術が必須になりました。