慕っている教師が亡くなると極度に成績が下るパターン


慕って教わっている時は成績向上

大学の先生などを慕って楽しく勉強している人。

教わっている時は、勉強が楽しくて成績が良い。

純粋に先生の言うことを聞き、それを守って勉強を進めている。

教師は、父親のような存在でとても信頼できる人。

信頼できる人が亡くなると一変する

世の中、慕っている人が先に無くなる場合もある。

すると、今まで教わっていた人は、人生の指標が急に無くなった状態になる。

このことで、自分の成長が一気に進まなくなる。

教師の存在が大きすぎて、成長のノウハウを全て教師に依存していた場合、こうしたことが起こる。

教師が亡くなった後、生徒の心理

亡くなった人のことを考える → 寂しい

これでは、エネルギーマイナスになるだけ。

思考を過去に奪われて、生産性を下げる。

ゆえに、昔の人を慕ってばかりいると、その人が亡くなれば極度に成績が悪くなる。

一方、生前から教師と生徒が対等で啓発し合う関係になっていた場合、話は逆になる。

亡くなった人のことを考える`→ 良いアイデアが浮かぶ

これはプラス効果で、教師が亡くなった後においても、生徒は成績を上げていく。

そして、自分で勉強法を開発し、独立して自己成長を続けていく。

結論として

大切なことは、教師の生前の関係が、依存関係か、精神が独立した関係かということ。

教師のことを慕っているのは良いが、生徒の中に核が無く、教師の真似事ばかりで成績を上げてきた関係は、その後衰退する。

教師から教わっている時点で、教師と生徒は人格で対等で独立の関係である必要がある。