WordPress5(Gutenberg)メディアと文章は良いのか?


ブロックエディターについて

WordPress5のブロックエディター、すごい刷新でした。
編集の仕方が、以前と全く変わり、慣れれば非常に仕事効率アップになります。

「メディアと文章」を使って(1)

色々な編集ツールがありますが、皆さん、人気の「メディアと文章」に着目しました。
私も、最初は便利で使っていましたが、ちょっと違和感を感じ出しました。

左に画像、右に文章にした時、文章が、上部からではなく、高さの中央に入ることです。良いとも言えますが、最上部から載せたいときもある。
これが一つ、気になったこと。

「メディアと文章」を使って(2)

もう一つは、スマホ用のレスポンシブ対応にするためには、右端のメニューで、「モバイルで重ねる」をONにしないといけない。デフォルトではOFFになっている。
これを、忘れてしまうことが多く、スマホで見ると横並びのままになっていることがあります。
それと、これでやると、スマホでは画像と文章に余白がありません。くっついたままになる。これは、見にくいです。

「2カラム」を使った場合

それで、それを使わず、2カラムにして片方を画像にすれば良いんじゃないか、とふと思った。
これだと、文章は最上部から始まり、レスポンシブのボタン設定もありません。
スマホで見ると、普通に縦並びになっている。
画像と文章の間は、余白があります。

結 論

結局、「メディアと文章」は使わずに、2カラムにして片方に画像を入れる手法を取っています。今は、それで定着しています。
別角度から見れば、また違ったことに気付くのかもしれません。
今後も、勉強していきます。