ミネラルウォーター vs スポーツ飲料 vs 経口補水液:熱中症対策に最適なのはどれ?

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

熱中症対策には、経口補水液が良いのですか?ミネラルウォーターや、スポーツ飲料とは、どう違うのですか?

熱中症対策には、経口補水液が非常に効果的です。以下に、経口補水液、ミネラルウォーター、スポーツ飲料の違いを説明します。

経口補水液

ミネラルウォーター

スポーツ飲料

まとめ

  • 経口補水液は、熱中症や大量の汗をかいた後の水分補給に最適です。
  • ミネラルウォーターは、普段の水分補給には良いですが、塩分補給には不向きです。
  • スポーツ飲料は、運動中や運動後の水分補給に適していますが、糖分が多いため注意が必要です。

これらの違いを理解して、状況に応じた適切な飲み物を選びましょう。

経口補水液とは

そもそも、経口補水液って何ですか?また、いつから出てきましたか?

経口補水液(けいこうほすいえき、Oral Rehydration Solution, ORS)とは、体から失われた水分や電解質を効率よく補うために設計された飲料です。主に、下痢や嘔吐、発熱、発汗による脱水症状の治療に用いられます1

経口補水液は、水、食塩(ナトリウム)、ブドウ糖を適切な濃度で混合して作られています。これにより、小腸での水分吸収が円滑に行われ、脱水症状の改善に効果的です1

歴史

経口補水液の歴史は、20世紀初頭にさかのぼります。イギリスの医師エドワード・ショーが、下痢による死亡者が多いことに着目し、水分や塩分の補給が重要であることを発見し、経口補水液を開発しました2。その後、経口補水液は世界中で広く普及し、多くの人々の命を救ってきました2

経口補水液は、特に発展途上国で急速に普及し、WHOやUNICEFがその配布と啓発活動を進めています1。また、先進国でも熱中症や脱水症状の治療に利用されています。