コロナ時代に他者利益を増強していく方法


コロナ時代は、感染予防経済活動の両立が課題です。

失業の時代はまた、起業の時代でもあります。

新しいサービスを出していけば、社会は新しい成長を続け、行き詰まりません。

コロナ時代を生きるポイント

コロナ時代、先が予測できない不安感が続きます。

この時代を生きる指針は、次のようなものです。

コロナ時代を生きる指標

・生き伸びること
・裕福になること
・幸福になること
・他人を幸福にすること
・社会に益を出すこと

リモートでの仕事スタイルに慣れよう

新型コロナの影響で、リモートでの仕事が増えてきました。

直接に人に会わないで、仕事をすることは難しいでしょう。

他者の利益を考えるためには、できるだけその人の姿や表情を見てモチベーションを上げたいと思います。

しかし、オンラインの社会が進んできて、他者へのサービスはお客の顔を見ること無くデジタルに商品化され、発信されていきます。

・商品をデジタル化するメリット

時間差や大量発信が可能になり、社会全体の効率化・生産性アップを可能にする。

認証欲求がなかなか満たされにくいが、IT作業において満足感を上手に作り出していこう。

他者への貢献の方法

・誰でもできる社会貢献

コロナ時代、社会貢献はオンラインが主流になってきました。

オンラインで他者に貢献するには、思考パーツを生産しよう。

世の中を、思考パーツが循環します。

思考パーツは、簡単に操作できる具体的なものが良い。

WordPressのプラグインのようなパッケージが流通し、社会を潤す時代になっていく。

自分がやってみて良かったこと、上手くいったことを他の人に教えてあげましょう。

思考パーツの自由な輸出入が加速する。

思考パーツには付加価値をつけて、マネタイズ(収益化)していこう。

ネットで稼ぐ、社会貢献のオンライン化を進めていくことが肝要です。