人の生活や社会には整理・分類が不可欠です!


ノジオ

人の生活や社会は複雑だと思いがち。

しかし、考えを変えれば社会はデジタルにできているよ。

個人の分類・他者との分類

人が生活をスムーズに送っていくためには、普段から生活空間の物の整理・分類が大切です。

混ざった状態になると、必要な時に必要なものが取り出せず、生活に支障が出てきます。

これは、個人の分類です。

一方、社会になると個人単位の集合になりますので、個人の所有権が分類で大切になります。

人が混雑して交流した時に、物が誰の所有か不明になると混乱が生じます。

社会機能として分類されていた物が混ざってしまうと機能として働かなくなります。

これは、他者との分類と言えます。

社会は人を一つの単位として細胞と組織の関係になっています。

他者との分類を散らかす人は社会を壊していることになります。

個人や組織が成長していくには

個人や組織において、成長を続けていくには分類が不可欠です。

分類した要素で、強めていくものと省いていくものなどを決めて発展させていきます。

混ざっていると、どこを強めたり省いたりしたら良いのかわからず、成長がとても遅くなります。

混ざることは成長を妨げる危険因子です。

完成品を鑑賞するときは混ざった状態が美しいですが、建設の途中では混ざるのは危険です。

分類整理された状態で、分野ごとに伸ばしていく必要があります。

人の交流を否定しているのではありません。

一つの分野を伸ばしていくには、その分野に整理されて機能を強化することが大切です。

デジタル思考を養うにはブログを書こう!

デジタルな思考は、環境の整理や建設にとても有効的です。

デジタル思考を養うには、書き出すことを習慣化することです。

文章化し整理することで、クリアーな思考ができます。

人間関係のことを考えていると、割り切れない沼にハマってしまうことが多いです。

心理的な思考も大切ですが、関係をクリアーにするには人間関係をプラス・マイナスで考えると良いです。

結局、幸福=プラス 不幸=マイナス

これは間違いありません。