WordPressに二段階認証を導入するプラグインTwo-Factorのご紹介!


JetPackだけだと何か不安・・

WordPressでサイト管理をしていて、気にかかるのがセキュリティー面。

プラグインJetpackのセキュリティーで、サイトを保護していると、不正ログインが多くあることがわかります。

この不安を一番に解決してくれるのは、やはり「二段階認証」。

そこで、二段階認証のプラグインを探してみると、ありました。

「Two-Factor」の評価が高い。

今回、これを導入してみました!

Two-Factor 導入の流れ

こちらのプラグインです。新規で検索をかけると直ぐに出てきます。

評価が高い。日本語だ。

問題は、このWordPressダッシュボードへのログイン画面。

ログインのURLは、プラグインSiteGuard WP Pluginを入れるだけでは、少ししか変わりません。

さらに、SiteGuard WP PluginのURLの任意設定画面で変えておきましょう。

それでも、不正ログインは行われます。

そこで、今回のTwo-Factorを使いましょう。

有効化すると、ユーザーのプロフィールから設定できます。

今回は、一番上のメールに認証コードを送る一番簡単な方法を試してみました。

他に、ワンタイムパスワードなども設定できますね。

いつものようにログインをしてみると、メールに送られた認証コードを入れるように聞いてきます。

んん、素晴らしい!

これで今までと合わせて、ログインまでに3重、4重の壁を作ることができますね。

自分がログインするには、シンプルで手間がかからないのが良いですね。

皆様も、自分なりのセキュリティーの工夫をしてみてください。