現代はデジタル化しないと伝わらない


現代はオンラインが主

現代は、オンラインでのコミュニケーションが主。

遠く離れた人に時間を問わず、メッセージを伝えることができる。

これを行うには、内容をデジタル化する必要がある。

ビデオメッセージでも良い。

ただ、私達は目の前に相手がいないでコミュニケーションすることには慣れていない。

ビデオメッセージなどは自然なコミュニケーションではなく、モチベーションが上がりにくい。

オンラインのコミュニケーションは、知性的・人工的なスキルが必要だ。

そのためにストレスが溜まりやすい。

・オンラインの良い点

リアルで人と会って会話するのに比べ時間と距離を問わない。

一度に大人数にメーッセージを伝えられるので、効率は格段に上がる。

データ化することで社会が動く

現代の社会を動かすには、デジタル化されたデータが必要だ。

頭の中で考えているだけでは、社会は動かない。

デジタル情報によって、生活も環境も進化していき、物流や経済活動が生じる。

デジタル化すれば、そのデータは活用しやすくなり、仕事や生活の改善に使うことができる。

デジタル化のために必要なのは、毎日、ログ(ライフログ)を取っていくこと。

ログの取れないものは計測や数値化が出来ず、後で分析・改善ができない。

デジタル化されない情報も多い

データ化される情報は、IT分野の内容が圧倒的に多い。

一方、人間関係や心理的なことや哲学的なこと、これらはデジタル化されにくい。

家事や肉体労働などもデジタル化されにくい。

よって、デジタル化された情報だけで世の中の全てを分かったつもりになるのは危険である。