頭だけ進むことはできない仕組みを解説

毎日の生活で脳を働かせることが多いですね。

滞ること無く頭脳を回転させていくには、どうすればよいのでしょうか?

認知の仕組みを知ろう

WEB操作を常に行う現代では、新しい情報や価値がどんどん入ってくる。

その都度、私達は認識を更新しないといけない。

ディスプレイを見て視覚から情報を得た場合、脳内の一時記憶領域に収まる。

頭では理解できるが、今までと大きく変わることは、体ですぐに消化することができない。

これが重なってくると、頭だけ先に進むが心の更新が止まった状態になり、車輪が動かない車を無理に動かしているような感じになる。

次第に頭だけの更新は無理になってくる。

頭だけの認識は顕在意識の変化、心の認識が潜在意識の変化。

頭だけの認識は、潜在意識が無理やり引っ張られて悲鳴を上げている状態で、次第に苦しくなってくる。

最速にするには生命の更新

これを解決するには、しばらく休んで時間をおき、潜在意識が新しい情報を納得できるまで待つのが良い。

認識を根底から変えるには、意外に時間がかかる。

WEB操作ばかりで進んでも、途中で速度が落ちてしまっている。

全体として速く進むには、心のエンジンである潜在意識を回転させることが必要になる。

潜在意識を回転させるにはどうすれば良いのか?

潜在意識の回転とは脳内の回転なので、脳の新陳代謝が必要。

脳だけを新しくすることは難しいので、体を動かし運動すると良い。

体を動かせば、自然と脳の新陳代謝は進んでいく。

潜在意識を書き換えるために、適宜に体を動かしたり、声に出して感情を動かすことを取り入れよう。