嫌な事は「別目的に置き換える」術!


嫌なことを頼まれたとき

嫌なことを人から頼まれた時、 どのように対処しますか?

真正面から受けて、嫌々それを実行しますか? 

そうすると、とてもストレスホルモンが出ます。

嫌なことを嫌なままやることが一番良くありません。

体に悪く、後々に響いて来ます。

そこでオススメなのが、「別の目的に置き換える」ことです。

マイナスをプラスに置き換える(例1)

遠くに買い物に行って欲しいと頼まれた時、 買い物に行くのを目的にするのではなく、 車の走行テストを目的にする。

自分にメリットになる目的に置き換えるのです。

人のことでエネルギーを取られるところを、逆に自分のしたいことを実行できる機会と、プラスな行動に置き換わります。

やらされている感じは無くなり、 モチベーションが上がってくるのです。

その行動を見て、相手は「ちょっと様子が違うな」と感じるかもしれません。

マイナスをプラスに置き換える(例2)

友人から脂っ濃いラーメン屋に誘われた時、非常に困る。

行きたくない。

そんな時、ラーメンを食べるのを目的とするのではなく、

お店のデータを収集してブログを書くことを目的としましょう。

自分が主役

人生は全て自分が主役になって、日々を送っていきましょう。

この置き換え行動を見ている人には、時々、「あいつは厚かましい人間だ」と思われることもあると思いますが、気にしないで。

自分ファースト」の記事も御覧ください。