Digital Nature 放置が当たり前の時代へ

ノジオ

毎日、忙しすぎだわ。

情報が多いけど、どうすれば良いの?

情報を欲しがっていた時代は、やって来る情報一つ一つに対処した。

情報過多の時代は、情報を放っておくのが常になる。

必要な情報は、検索で呼び出して使うのが一般的な生活スタイルになりました。

デジタルネイチャー(Digital Nature)を生きる

デジタル情報がある所では、常に何かの作業が行われている。

それは、体の中の細胞の動きに似ているかもしれない。

デジタルネイチャー(Digital Nature)の世界では、毎日情報との戦いが行われる。

昭和時代から現代にシフトした世代では、いつになったら休みが来るのだろう、という感覚を覚える。

しかし、これから先の時代には昔のような情報の無い空間というのは、ほぼ存在せず、「休み」が取れるということは無い。

デジタルネイチャーの時代では、24時間、情報を動かすのが当たり前の世界なのだ。

故に、その環境の中で上手に「休み」を取って働くということをしていかなくてはいけない。

昔の感覚で見ると、デジタルネイチャーの時代とは「放置が当たり前の時代」なのだ。

それが、Nature(自然)である。

情報の沼に気をつけよう

デジタル情報が溢れた環境で生活していると情報操作に頭を使い、その動作から抜け出せないという状態に陥ることがある。

躍起になればなるほど、抜け出せない。

これは「情報の沼」でもがいているようなものだ。

もがけばもがくほど、深みにはまっていく。

故に、デジタルネイチャーの時代は、情報の沼にはまらないように注意する必要がある。

常に引き算・削除を楽しむ

・これからの時代、一段落は永遠に来ない

スマホが普及する2010年以前は、一段落したら他の人の仕事をするということが常だった。

一段落はいつものパターン。

2015年ぐらいからこの考えはやめたほうがよさそうだと感じた。

自分の設定項目もどんどん増えている。

一つの事から分岐しているものがとても多い。

今ある仕事は膨張し続ける。

すると、そもそも基本設定として一段落というのは来ない。

大事なことは自分のすることをどんどん省略していくことと、自動化を進めていくことだ。

省略は常にやっていって、ちょうど良いかまだ足りないくらいだ。

真面目に全ての事をやろうとすると脳のエネルギーが無くなって、うつ病になってしまう。

デジタル情報は放置する時代。

一段落の概念は無くし、上手に睡眠を取っていくようにしよう。

2021年の超話題作