Digital Nature 放置が当たり前の時代へ


デジタルネイチャー(Digital Nature)を生きる

現代では、デジタル情報が日常にどんどん増えてきた。

デジタル情報が無い場所の方が珍しいようになって来ている。

デジタル情報は日々整理されたりまとめられたりして、更新しなくてはいけない。

デジタル情報がある所では、常に何かの作業が行われている。

それは、体の中の細胞の動きに似ているかもしれない。

デジタルネイチャー(Digital Nature)の世界では、毎日情報との戦いが行われる。

昭和時代から現代にシフトした世代では、いつになったら休みが来るのだろう、という感覚を覚える。

しかし、これから先の時代には昔のような情報の無い空間というのは、ほぼ存在せず、「休み」が取れるということは無い。

デジタルネイチャーの時代では、24時間、情報を動かすのが当たり前の世界なのだ。

故に、その環境の中で上手に「休み」を取って働くということをしていかなくてはいけない。

昔の感覚で見ると、デジタルネイチャーの時代とは「放置が当たり前の時代」なのだ。

それが、Nature(自然)である。

情報の沼に気をつけよう

デジタル情報が溢れた環境で生活していると情報操作に頭を使い、その動作から抜け出せないという状態に陥ることがある。

躍起になればなるほど、抜け出せない。

これは「情報の沼」でもがいているようなものだ。

もがけばもがくほど、深みにはまっていく。

故に、デジタルネイチャーの時代は、情報の沼にはまらないように注意する必要がある。

・パソコンワークに最適 5段階の調光・調色・タイマー機能