NEW HORIZON3 Unit1-2解説


Dialog(会話)

Ms.Baker:

Was this picture also painted by the same person?

This picture was also painted by the same person.
(この絵は、また、同じ人によって描かれました。)

上の文章の be動詞(was)を文頭に持って来たもの。
これで、「~ですか」の疑問文になります。

also(~もまた)は、無くても問題ないです。付け加えです。

paint(塗る、描く)は、paint-painted-pained の3番目。
つまり、-ed を付けるだけの動詞です。

受動態の疑問文は、be動詞だけを文頭に移動すればできる。

Kota:

Yes, it was.

was の疑問文には、was でこたえます。
it は、this picture が形を変えたものです。

Ms.Baker:

When was it painted?
Is the year written in the book?

When +疑問文。
いつそれは、描かれたのですか?

written はwrite(書く)の活用の3番目。
write - wrote - written
2番目は過去形。受動態には3番目の過去分詞を使います。
つづりが、ややこしいですが、覚えるしかありません。

Is が文頭に出ているので、「書かれていますか?」になります。

Kota:

Yes. It was painted in 1887.

It は、最初の分の、this picture です。

西暦に前には、in 。1887年
一年の中という意味で、in と覚えましょう。
at , on ではありません。

Ms.Baker:

I see.
At that time, Japanese culture was popular in Europe.

(分かりました。なるほど。)こんな感じ。

At that time は、決まり文句(慣用句)。当時です。

was popular (be + 形容詞)。
動詞ではないので、受動態ではありません。
人気があった、です。

Kota:

Really? How about now?

Real(リアルな、本当の)+ly 。本当に?

How about~? (~はどうですか?)
例: How about you? (あなたはどう?)
みたいなのでよく使われる慣用句。

動詞の活用は、動詞ごとに違うので、覚えるしかありません。
今回は、write について、学習しました。重要です。