谷の中のオペレーティングシステムをご紹介します!


谷の中の作業は、発電所のよう。

その作業過程とは・・

一瞬一瞬、判断力する

生活のルーティン作業は様々な種類がある。

主に、分類や整理などの手を使う作業が多い。

その場、一瞬一瞬の判断力が重要になってくる。

間違いは、低い得点につながってしまう。

ルールを決める

谷の中の作業は、もともとルールが無い。

ルールを決めるのは、判断に思考エネルギーを使わないため。

収納場所、分量、時間。

そういった要素ごとにルールを決めていけば、繰り返すことで次第にシステムが出来上がっていく。

パソコンに統一する

現代流に作業スタイルを変えていく。

パソコンのオペレート作業とリアル空間を同じ動作にしていく。

一つのアカウントで統一管理していくと、無駄な労力が減りパフォーマンスが上がる。

タスクをコピペしていく

作業を均一化し、機械化・システム化していく。

一度やり方が確立されたものは、コピペして増やしていく。

全体的に生産力が上がっていく。

名前で物を管理する

機械化を続けていくと少しずつ時間が短縮されて、 空き時間が増えてくる。

配置や物の管理はスマホで写真を撮り、名前を付けてパソコンで管理し、検索できるようにしておく。

画像は、ピクチャにどんどん放り込む。

環境を機械化、デジタル化していく。