過去を使い回ししよう!データは潜在意識に


過去の記録が残っていないことが

飯田橋ー神楽坂

昔は自分の行動を記録に取っていない。

社会人になって、働いたデータは残っていないのだろうか?

心の宝を積むことを第一にしてきた。経験値はあります。

それは、現代の行動に役に立っているはず。

実は、記録を取っていないデータは自分の命に刻まれています。

それは、過去の写真を見ることなどにより、顕在意識に現れて来ます。

顕在意識に現れたデータをHDDに記録し直して、活用しよう!

過去データは潜在意識の中に

スマホやSNSが登場する以前は、自己データを書き出すことはほぼ無かった。

日々の生活での色々な思いは、人に話すことなどで承認欲求を満たしてきたのだろう。

過去のデータは残っていないように思うが、実は命の中に残っていて、顕在意識として目に見えていないだけだ。

昔の写真を見たときなどは、当時の記憶が蘇る。

人の顕在意識はとても小さい。

パソコンのRAMに当たる。

ROMの部分が潜在意識で、それを呼び出すには写真を見るなどの縁に触れる必要がある。

過去データは組み立ててこそ価値がある

潜在意識に残っているデータは、バラバラの状態だ。

初期状態では、整理され、カテゴリー分けされていない。

よって、過去を書き出した時、部分部分しかでてこない。

しかし、書き出すことによって、それらは組み立てられ統合されていく。

ジグソーパズルのピースを埋め込むと同じだ。

未来は読めず、過去は増えていく問題

2010年以降、スマホとSNSが普及。

写真などの自己データが爆発的に増える。

自分の日常記憶が整理されないまま過ぎていく。

これを積み重ねると、曖昧な記憶が増えていき、思考が重たくなってくる。

解決するには、日々、思考をデジタル化してHDDに荷降ろしする作業が必要。

ブログを書くことなどは、潜在意識の活用に役立つ。