電話帳に載っていることのデメリット


固定電話のデメリット

家の固定電話番号が、電話帳に載っていることのデメリットがある。

昔は、今のように社会はグローバル化されていなかった。

オープンになっていなかった。

一人の人が、全国からアクセスが来るということなど、ほぼ無かった。

電話番号は、公開されていて良かった。

現代は、違う。

情報公開の在り方が再考しよう

悪い組織が個人を狙うようなことも増えた。

これは、情報公開の在り方が再考されないといけない。

国でも、世界相手になり、プライペートな身内の場を作るために閉鎖空間が必要になっている。

グローバル、公開といっても、プライペート空間は必ず必要になる。

すると、今までのように、変わらない固定電話番号の公開ではおかしい。

むしろ、電話番号は変動すべきだ。

また、プライベートなコミュニケーション空間も必要になる。

ハローページ-2021年10月から順次終了

いろいろ考えていたら、NTTさんより通知が届きました。

2021年10月以降、順次ハローページの配布を終了するとのこと。

「環境の変化」を挙げています。

まさにそんな感じです。