プライスカット


庶民の味方

商品はオークワと同じ。オークワより品数が少なくなっている。

時間帯により、名前の通りプライスをカットしている。

牛肉も半額で売られることが多いため、お客側も返って珍しく思わない。

サービスを極力、削減

東京の下町

プライスカットした分、サービスもカットされている。

庶民でつくる店という雰囲気が漂っている。

お客も、みんなで作っているという意識が成立している。

最近はキャッシュレスで支払い方式が多くなり、レジの仕事が複雑になってきたため技能が求められる。