ネット断食-純度を上げるには外部情報の遮断!


普段のITライフでやる気が落ちてきたら、ネットを遮断することを試してみよう。

仕事を放棄するようで嫌だが、逆にこれが生産性を向上させることは多い。

自分のアイドリングは、生産物を合成し始めます。

価値ある人生を送るために

10年後に価値のあるものを残すには何をすれば良いのか?

情報量は増加して、日々の時間が過ぎるスピードは加速している。

サービス業は、みんなの時間の奪い合いをしている。

ぼーっとしていると、人生は何もしないでアッという間に終わる。

生きてきた達成感、価値、財産を残すには、日々の生活の中で自己組み立て(→こちら)が必須になる。

そして、自分の内部環境の純度を上げることが人生の達成感を上げる。

自己純度を上げるにはどうすれば良いのか?

一時的に外部情報を遮断することだ。

外部情報が入ってくると、自分の内部でその編成をしなくてはいけなくなる。

これは食物を体内に取り入れるのと同じことだ。

逆にずっと遮断し続けると、今度は進化しなくなるので、遮断と入手は交互に行われる必要がある。

自己純度を上げると健康状態は良くなる。

また、行動力がアップする。

インプットばかりは人生を停滞させる

常に新しいものを取り入れるばかりで、自己整理をしないまま続けている状態がある。

これは例えれば、建築現場に建築資材が大量に運ばれて逆に建築できない状態だ。

人生が停滞する。(→こちら

この不幸を抜け出すには、一旦、外部を遮断すること。

そして、自分を見つめる時間を取ることだ。

外部を遮断すると何が起きるのか?

パソコンに例えるなら、ローカルファイルの組み立てが始まる。

生物的にやる気のある状態に戻っていく。

・パソコンワークに最適 5段階の調光・調色・タイマー機能