パソコンが動くのを待ってはいけない理由-イライラ対処法


ノジオ

パソコンが止まると、イライラする。

ストレスの元やわ。。

そんな時、ストレスを溜めない方法を知っていると便利です。

待つことに慣れるな! 生産性を最大化

機械操作、パソコン操作が日常に浸透して随分と久しいです。

パソコンのアップデートやダウンロードで、知らないうちに待つことに慣れてしまいました。

しかし、この状態を見直してみよう。

待つということは、機械・デバイスを優先させている。

機械が主になり、自分は従になる。

これは、他人依存の人間関係と同じだ。

相手が進んでくれないと、自分が進まない。

自分からの自発的行動が、弱められている。

そして、状況を進めるためには機械が先に進むことと、いつの間にか錯覚してしまう。

まず、自分が先に進む

自分が主で、環境は従。

「自分は変えられるが、相手は変えられない」というのは、人間関係の鉄則だ。

相手を変えることに意地になってはいけません。

機械との間にも、この方程式が成り立つ。

進まない時は、機械にぶら下がるのではなく、

自分が好きなことをしてリフレッシュすれば、逆に解決策は早く見つけることができる。

一旦、切り離す勇気を持つことが大事です。

今後、未来の機械との共存時代にあっても、この自分主体の考え方を大切にしていくことです。

環境が主ではない。 自分が主で環境は従

このことを忘れないようにすれば、仕事効率は上がります。

パソコンスペックの問題

パソコンを新しく購入する際は、あまりに安いものを買うと低スペックで、待ってばかりの状態になります。

おすすめスペック

CPUは、Corei3以上

・RAMは8GB以上

・ROMは可能であれば、HDDよりSSDを選ぶ

パソコンに待たされると大変にイライラして、仕事のパフォーマンスに影響します。

新しく購入の際は、少し思い切って出費するくらいの気持ちが必要です。

後々、自分に幸いとなって戻ってきます。

結 論

環境を当てにせず、自分が勝手に進みましょう環境は助手です。

・テレワークに最適 リースナブルDELLノートパソコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA