古い家の機能を最大化していこう!


家も知らないうちに年月を重ねるものです。

時代はどんどん進むにつれ、家の内部は進化させ、外部は修繕をしていかないといけません。

コロナ時代が到来し、家を快適仕事ルームにしていきましょう。

家の機能を強化するには

・地震対策

・台風・雨漏り対策

・気密性のアップ

・シロアリ対策

・エクステリアの整備

毎日のルーティーンを回すことにより、内部環境がより美しく機能強化の方に進んでいくことが大切です。

そのためには、常日頃、環境にエネルギーを注いでいくこと。

環境一つ一つに愛着を持ち、感謝していく姿勢大切です。

シロアリ対策

うちの旧家の方は、築80年以上を経過して、シロアリ被害が見られます。

2010年に、シロアリ駆除の工事をしてもらったのですが、近年、中庭からシロアリが侵入したらしく、家の雨漏りの影響もあって被害が散乱しています。

人がほぼ住まなくなってきているので、メンテナンスに手が行き届きにくくなっています。

梅雨時の羽アリの時が、非常に生活に支障をきたします。

古民家再生を行っている過多の話では、シロアリ被害は珍しくないようで、こちらも見習って駆除作業に取り掛かりたいもの。

結果的に、シロアリ駆除のみではなく、古民家再生になればよいのですが、

古民家再生というのは、基本的に中で住む人が再生しないと成立しません。

家だけを再生しても、人がいなければ家は再び荒れていくからです。

家の機能強化には、人の学習が必須

住んでいる人が、日々、学習を重ね知恵を発揮していくと家機能は強化されていきます。

逆に、住む人が怠惰であれば家は弱くなっていく。

日本昔ばなしでは、嫁いできた嫁が優秀であると、家が栄えるストーリがよく登場します。

中に住む人がエネルギーを出せば、環境は育っていきます。

インターネットで調べて得た知恵などを環境に取り入れていきましょう。

空間の利の考え方

家の要素で何が重要なのかと言うと、「内部環境の保存」です。

雨風に風化されず、内部環境が保全されれば、中ではどんな生産作業を行ってもかまいません。

室内での生産作業では、近年ではネットを使った創作作業が挙げられる。

これは、デジタルデータを組み立てる作業です。

保存された空間があれば、そこに利益創造の可能性が生まれます。

空間には、大きいものから小さいものまで、システムを構築することができます。

物理的、空間的ルール作りが、仕事のルーティーン、仕組みを作り、回転させていくことだできる。

近年の家の空間の活用は、このような生産空間として考えられるでしょう。

旧家を生産空間にできるか?

旧家にも、空きの空間は多い。

居心地は良くないが、空間の利であると言える。

光ケーブルでネットを引いて、もしくはLTEテザリングで生産作業ができなくはない。

他の活用法としては、在庫管理室。