人を型にはめない方が成長する


自由な心の拡大が社会エネルギーの増加をつくり出します。

型にはまって仕事を続けると、人は手を抜き始めます

以下、人を型にはめると起こるマイナス効果について解説します。

社会ができたことで型が形成

心は自由拡大する。

その心に従うことが発展の基本です。

社会というものが一旦できてしまうと、社会の型が存在するようになります。

環境依存型の人は、社会に従い、型を優先させて生きています。

これは、環境から既存のエネルギーを奪うようなシステム環境です。

発展の方程式は環境に依存するのではなく、心を自由に拡大させ環境を動かすことにあります。

IT環境が、人を型にはめる

昔は因習や社会制度が人を型にはめた。

現代はIT環境が人を型にはめる。

ITのシステムも社会の型に似ているところがある。

一旦、ITシステムの型にはめられると、なかなかそこから抜け出しにくい。

近年、心が窮屈だと思っている人は多い。

自由な現代という印象がある一方、社会の機械化が進み、逆に心が自由に動かせない環境が増えている。

機械環境は人との接触と違い、融通か効かない。

環境は固定化されるのが常なので、自由な心の拡大を持続するには自由な環境変化が必須になる。

ブログを書いている人は分かると思うが、検索上位を目指すSEO対策も人を型にはめる。

型にはまったら成長が止まる

型破りは、大切です。

人に迷惑をかけてはいけませんが、既存の形式は内面力で変えていこう。

それには、

簡単な型破りの方法

・ランダムな選択

・遊び感覚の実践

・他種目の趣味・雑学

こんなことを気軽に潤滑させていくことは、不謹慎なようで、イノベーションに繋がります。