誰かに話すと記憶に残るものです!アウトプット型成長法


経験を無駄にしないで活用

2010年以降、情報量は爆発的に増えてきました。

一日で何かを見て、思ったり判断したりする情報は無数にあります。

知らない内に時間は過ぎ、過去に何があったのか、何を思ったのかを忘れてしまいます。

多忙のため、自分の時間が無い損失感を感じることが多くなりました。

この問題を改善するには、自分の考えを形に残しておくことが良いでしょう。

特に、相手が存在して、その人に何かを離したり伝えたりしたことはよく覚えています。

その考えを再利用することが可能です。

相手がいなくても、仮想の相手に文章を書くだけでも、かなり覚えています。

インプット量を減らし、アウトプット量を増やす。

アウトプットは、特に相手があると良いし、声だけではなくデジタルデータとして残すのが良いです。

自分の人生時間を再利用できる形にして時間を空虚にしない方法、それが、人に話す(伝える)ことです。