コロナ禍での長いテレワーク、運動不足を解消しよう!


有酸素運動

新型コロナで長いテレワーク生活に

外出自粛、学校の休校や、自宅でのテレワーク生活が、長期化。

運動量の減少は、健康被害につながります。

工夫をして外に出て歩くなどの運動不足解消が必須になります。

現代は、情報過多の時代

現代は情報が爆発状態になって、いろんなものを見ていたりすると、思考を取られて、いつも何か考えて頭が疲れてしまいます。

どこにいても情報から逃れることができない時代になりました。

常に頭を使って疲れるます。

そこで、情報から完全に逃げてしまおうというのは無理な話なので、情報が溢れている状態が当たり前で、いかに自分の頭を軽く保つかが大事になってきます。

その一つの方法に運動が挙げられます。

運動すると嫌なことを忘れる

運動している時は、ストレスホルモンが抑えられます。

余計なマイナスのことを考えません。

運動しながらマイナスの事を考えるというのは不可能。

自分の中からマイナス思考を排除するためには、運動すれば良いのです。

運動だけではなくて、歌を歌うとか、自分の好きな事を喋り続けるとかでも同じ効果が得られます。

特に有酸素運動は、 その最中に成長ホルモンが出て、頭がすっきりしてリフレッシュした気分になります。

運動をすると脳のネットワークも張り巡らされて、 頭は賢くなり嫌なことを忘れることができます。

疲れている時も、逆に運動した方が成長ホルモンが出て疲れが取れるという結果が出ています。