悩みができた時の対処法をお教えします


悩みは膨らむ

何か悩みができた時、心が重たくなって進まなくなる。

一つのことを考え続け、問題を解き続ける。

次の事が起こっても進まずに、自分の上に積り続ける。

どんどん荷物は増えていく。

これは一つの事を記憶し続けているから

一人で考え続けることは、不安・心細さを増幅させます。

まず、心の荷物を下ろす

悩みを軽くするには、心の荷物を下ろすこと。

荷物を下ろせば、楽になる。

荷物を下ろすと、忘れることができ、脳内メモリーを軽くなり、心が楽になる。

相談相手がない場合、Twitter、ブログ、メモ等に自分の考えてることを書き出そう。

後で、自分で見返すことができるので、一旦、忘れても良い。

これだけで随分と孤独感が無くなり、心が軽くなる。

記録にはスマホの音声入力なども良い。

ハードディスク(HDD)に悩みを背負ってもらう。

HDDを助手として活用する。

相談相手のように、悩みを書き出す。

すると精神の停滞が無くなり、随分と心が楽になります。

一人で解かず、機械に解いてもらう

一時の悩みは、時間を空けて分散させて考えていくのが労力の軽減になる。

文章にした自分の悩みは自分で解く必要はない。

現代は、WEBで検索して調べたりすれば誰かが同じ悩みを解いてくれている。

機械に悩みを解いてもらうようにする。

このことは、洗濯物を洗うのに洗濯機を使うのと同じ。

思考も機械を利用して楽に行う。(思考の機械化

普段から環境充電しておく

悩みや問題は、誰にでも起こるもの。

困った時、助けてくれる人がいると良いのですが、一人の場合が多い。

問題が二重三重に重ならないように、普段から味方となる環境に感謝し育てておこう。

困った時は、整備された環境が自分を助けてくれます。