Twitterのフォローは集めて徐々に純化する(MyTwitterポリシー)

Twitterの運用を行うと、知らず知らずに時間を使ってしまうことがよくあります。

そんな時に、運用のルールを最初に決めておくと良いでしょう。

自分だけのTwitterポリシーになります。

Twitterリミットに注意!

Twitterは、信頼性を維持することを目的に、アカウントの操作で一定の制限が定められています。(2021年9月現在)

ダイレクトメッセージ(1日): 1日に送れるメッセージは1,000件

ツイート: 1日あたり2,400件が上限 30分単位の制限あり

     リツイートもツイートとしてカウント

メールアドレスの変更: 1時間に4回まで

フォロー(1日): システムの仕様として定められたフォロー数のリミットは1日あたり400件

タイムライン環境を良くしよう

Twitterで沢山のフォロワーを集めたい。

そのために、自分からフォローを増やす人は多いと思います。

しかし、多くの人をフォローすると自分の意見と合わない人や、質の悪いツイートをする人が混ざって来ます。

これでは自分のタイムライン環境が荒れてしまいますので、整備を行う必要があります。

整備は、最初に多くの人をフォローして後で少なくするやり方が良いでしょう。

長年フォローしていても参考にならず、相手が自分をフォローしない人も繋がっていてメリットが余りありません。

自分のフォロー歴を見て、一番下の方にある順番から自分がフォローされているマークが出ていない順に、フォロー解除をしていきます。

近年では、ソーシャルドッグを活用するのが便利ですね。

※非アクティブアカを削除できる!

ブログにとにかく速い!レンタルサーバー

仕事に役立つように整備する

自分の仕事に役立つ情報が流れてくると、仕事がはかどります。

フォローしていく人を初めから仕事に限定する場合もありますが、例えば、同じ信仰をしている仲間をフォローする場合もあります。

この場合、仕事用に特化していくことがありません。

生活面のツイートが頻繁に入ってきて、とても仕事の邪魔になります。

価値観の幅が大き過ぎると、大きなデメリットになります。

逆に、フォローの環境を整備すると、自動で有益な情報を運んでくれる役立つ味方になってくれます。

フォローをやめるアカウント

・ リツイートの多い人

時々、ニュース記事などをやたらとリツイートする人に出会います。

これは、見ていてとても迷惑します。

積極的にフォロー解除をしていきましょう。

また、正義感とは言え、誰かを攻めるようなツイートは、外から見ると悪口になります。

見ていて気分が悪くなりますので、積極的にフォロー解除しましょう。

・ 破折ツイートする人

破折にしても、ネットで投稿するのは、ただ悪口に見えますので汚く見えて逆効果。

やめておいたほうが良いです。

自分の進めたい方向にエネルギーを出したほうが良い。

フォロー解除された人を確認する

フォロー解除された人は、通常はわかりませんが、SocialDogを使うと確認することが可能です。

解除された原因が知りたくなりますよね。

解除された人を見てみると、自分のツイート内容が悪かったことより、自分と方向性が合わない人が大半であることが分かります。

フォローされる原因は、案外そういうのです。

※フォロー解除された人を確認!

純度を保つには削除し続ける

友達を大切にしようと教えられてきました。

よって、繋がりを切ることは悪いことという考えがあります。

Twitterの場合、そこは割り切ったほうが良い。

人によって使い方は違いますが、ゲームのように情報を入れ替えるという使い方もあります。

リアルの人間関係と区別してください。

ツイートを情報として扱う場合は、削除をすることで純度を保っているという運動も良いです。

精神活動と同じですね。

ブログ仲間だけにしない

フォローをブログ仲間だけにしない。

仲間内だけでは、商品を買ってくれる客は少なくなる。

Twitterからのブログ流入も少なくなります。

タイムラインを汚さないレベルで、多種の人をフォローすることも大切です。

複数アカウント

メリット

違った人とのつながりのタイムラインで、別の世界を知ることができる。

デメリット

時間が取られて管理が面倒です。