リアルとWEBを両立する方法を解説します!


ノジオ

現代は、領域が広くない?

リアルのことを見てる時間が無いし。

リアルとWEB

近年は2つの世界が存在するようになりました。

2つの世界ができたことで起こる問題について解説します。

現代に生じた2つの世界

近年は2つの世界が存在するようになりました。

WEBを見ていると、やりたいことが沢山出てきます。

WEBのモチベーションが上がってくると、現実世界の用事が邪魔に思えてきます。

リアルとWEBの引っ張り合い時間の取り合いが起こるのです。

この問題を解決するには、

1.リアルとWEBを自分に一元管理する

2.リアルとWEBの調和を保つ

これがキーになってきます。

世の中には、「WEB操作がめんどくさい」と思っている人と、「リアル空間めんどくさい」と思っている人がいるのです。

ネットと現実はつながっている

リアル空間で忙しいとWEBを見ている時間がありません。

WEBに詳しい人は、リアル空間を見ている時間が無い。

このリアルとWEBの「別々感」が良くないのです。

放っておくと、両方の関係が相互マイナスになってきます。

これを解決するには「WEBとリアルは繋がっている」という基本設定が必要。

WEBでリアル空間のことを設定する。

リアル空間のことをWEB空間にも書いておく。

両方が助け合いの関係にしておく。

一つのアカウントとして統一する必要があります。

WEB空間で問題解決したことをリアル空間に反映する、という流れを作ることです。

地域環境の考え方も同じ

人の内面は、社会に反映されています。

都会から田舎に移転してきて、WEB作業を行っていると、地域組織の行事などが、WEB仕事の時間を奪う現象が出てきます。

地域と無関係な仕事をしていると、地域の要素が仕事の邪魔になり対立の関係になります。

これも、リアルとWEBの対立問題です。

両方が共通要素を取って助け合いの関係にしていくと、スムーズに流れるようになります。

リアルとかけ離れたWEB作業や、WEBを無視したリアル社会にすると対立関係になります。

IT社会は2要素になっていて、車の両輪の関係になっています。

二重労働問題

リアルで働いて、スキマ時間にWEB仕事をしようとすると、二重仕事になり、脳のエネルギーがもたなくなります。

空の脳トレイの作り方 はこちら。

リアルとWEBで別々のことをしないほうが良い。

ワンアカウントで統一することが大切です。