自己組み立て流!わたしのブログの書き方をご紹介


全体を巡回しながら部分を強化

検索上位に上がる記事を作るには、情報量が多くまとまっていることが必須です。

これは、時間のある人には有利です。

ずっと一つの課題について調べることができる。

普段の仕事の分野が多岐にわたってくると、一つのことに多くの時間を割くことは、逆に全体として成績を下げる働きとなる。

よって、一つの記事に対しては短時間の更新で、巡回しながら進化させていくというやり方が良い。

仕事の全体を進めていく必要があるからです。

一つの記事に時間を割いたとしても他の分野で問題が発生するような状態にしてはならない。

一つのことに特化しにくいので、すごく高品質な記事はできにくい。

しかし、全体としては調和を保ちながらゆっくり前進していくことが可能です。

出すだけ出して組み立てる

キーワード選定をして記事を書くと、キーワードに沿った文章を書くことになります。

学生時代で言えば、作文の題をはじめに決められているのに等しい。

自由作文だと、どんどん文が書ける場合があります。

自分で書きたいことが沢山持っている人は、自由作本のほうが仕事効率がアップするでしょう。

思っていることを書き出すだけ書き出し、その後で組み立て、その後でSEOの最適化を行う。

検索ボリュームの少ない場合も多くなりますが、生産を進める上では決して悪いことではありません。

SEOを気にし過ぎない

SEOのことばかり考えていると、自由に記事がかけない。

売上を上げるためにSEOのことを考えるのですが、逆に生産量を少なくし売上を下げる結果になる。

稼ぐことだけを考えて記事を書くとSEO対策集中型になります。

他者利益を考えるのであれば、無償で情報発信するボランティア精神もあり、またそのコンテンツのある。

20代に働き出したばかりだと稼ぐことだけを考えるので、SEO集中型になります。

これからのお時代は、そういう生き方が多数派になる可能性もあります。