ピクチャに何でも保存、エクスプローラー検索機能で超時短!


日常の書類探しを上手にするためのデータ保存方法。

Windowsパソコンで、ピクチャにデータを放り込むことをオススメします。

これだけで、データは半永久的に保存されます。

メモによる保存

メモ書きの力が、最近よく言われます。

日常の情報が多いので、一つ一つを覚えておくことは大変です。

大事な情報を紙に書き残すのですが、そのメモもどこにあるのか分からなくなってしまいます。

また、家のポストに来た郵便物も、どこに置いていたのか忘れてしまことがあります。

そこで対処法をご紹介します。

大事な書類をスマホで写真を撮り、その画像に名前をつけ保存するのが、一番効果的です。

スキャナーによる保存

2020年以降も、デジタル化は加速していきます。

紙の書類で保管しておくという習慣は、この先に無くなっていく可能性があります。

書類はデジタル画像として所有していることが大事になってきました。

郵送で来た書類はスキャナーでスキャンしてデジタル画像にし、名前をつけてピクチャに保存しておくという作業が効率的です。

そのため、データのバックアップは大切な作業になります。

スキャンにはプリンター複合機のスキャナー機能が、手軽で使いやすいです。

売れ筋プリンター複合機を載せておきます。

検索機能を使えば「超時短」

画像に名前をつけて保存し、エクスプローラーの検索で呼び出すのがポイント。

自分のキーワードを上手に使うことが大切です。

名付けたファイルは、どんどんピクチャに放り込みましょう。

検索はパソコンがやってくれるので、しんどい思いをして探す必要は無くなります。

これからの情報爆発の時代は、この作業が必ず必要です。