減らすと成績が上がるもの5選|令和時代の生き方

ノジオ

もしかして、現在は全てのものが拡大してんじゃない?

減らしていく作業って、必須でしょ!

現代は、多くのものが放っておいても増えていきます。

環境を機能的に保つには、常に減らして整備していくことが大切です。

成績を上げるには、成績を上げようと努力するより、ストレスを軽減させることを進めたほうが近道である可能性があります。

生物的に見ると

行動は、1つから3つになる時は楽しい。

しかし、3つが9つになると保守点検に時間を取られるようになる。増えすぎると不快になる。

ある程度の一定値で保つ必要がある

戦後の日本社会を見ると、人口の拡大・経済発展で、新しい家がどんどん増えました。

何事においても成長段階は楽しく、どんどんと増やすのが生物の法則と言えます。

減らしていく種類

ツイッターのフォロー数

フォローしている人のツイートがタイムラインに流れる。

自分の仕事に無関係なことは、妨げになる。

フォローを増やし、タメになる情報ばかりにすると幸福になる。

しかし、仲間内になりお客数が減るデメリットが有る。

一日の行動数

近年は情報量の増加に伴って、必要な行動数が増えています。

行動の種類を挙げると

1.外出する
2.家での環境整備
3.思考の整備

これらのことが増えていきますので、減らすことに幸福感が感じられます。

上記3「思考」の場合、行動数=思考数 が成り立ちます。

つまり、行動を減らすことは思考数を減らこととも含まれます。

近年の共通感覚に「めんどくさい」がありますが、これを掘り下げると次のようになります。

めんどくさいの本質

めんどくさい=行動を増やしたくない

デバイスの数

パソコン、タブレット、スマホなど、デバイスも多過ぎると、システムの更新や管理に多くの時間を取られてしまします。

デバイスは、最小限のほうが仕事効率は高くなります。

サイト管理の数 WordPress

一昔前までは、Windowsパソコンだけを触っていれば良かったのですが、近年は自社サイトやブログの管理でWordPressに割く時間が大きくなりました。

ブロクやサイトを増やす時は楽しいです。

しばらくして思います。

管理に時間がかかりすぎると。

管理しているサイト数が多くなると多くの時間を取られてしまい、逆に成績が下がります。

SNS・アプリの種類

SNSの種類も増えました。すべてのSNSで高い成績を上げるのは困難です。

自分の得意なSNSに特化していくことが大切です。