Windows10アップデート失敗「コンピュータに対する変更を元に戻しています」Version1909

先日、 Windows の右下にアップデートを促す画像がデスクトップ右下に出ていた。

この画像は初めてなので、感じとしては大型アップデートだと察知。

デバイスは、2017年製HPノートパソコンProBook。

Windows10アップデート

日時アップデート名バージョン
2015.7Windows1010.0
2015.11November Update1511
2016.8Anniversary Update1607
2017.4Creators Update1703
2017.10Fall Creators Update1709
2018.4April 2018 Update1803
2018.10October 2018 Update1809
2019.5May 2019 Update1903
2019.11November 2019 Update1909
2020.5May 2020 Update2004
2020.10October 2020 Update20H2
2021.5May 2021 Update21H1

アップデート、スタート!

ディスプレイに接続して使用

日曜日で時間があったのでパソコンも使わないから、再起動して放っておこうと思った。

夕方6時頃に再起動をかけて、夕食を作って買い物を済ませて、9時ぐらいにどうかなと思って見てみたら、画面が真っ暗で光ったままだ。

見た感じこれはよくないなと思った。

通常は sleep になってるか、青い画面でくるくる回っているかどっちかだ。

嫌やけど強制終了

3時間以上経っているので、電源ボタン長押しで強制終了して、再度電源ON。

hpのロゴが出た後、

インストールの修復を試みています

まじか!やはり、インストール途中で止まっている。

Twitterで情報を見てみると、朝までかかる? と言っている人がいる。

分かった、半分諦めて、真っ黒な画面で電源をつけたまま寝ることにした。

ブログにとにかく速い!レンタルサーバー

寝心地が悪い

朝6時起床。

バソコンくん、変わらず真っ黒で電源がついたまま。

注意点は、HDDを読みに行っているランプが光っているかどうかだ。

光っていない。

それで、再び電源ボタン長押し。

強制終了して、再度電源ON。

今度は、「コンピュータに対する変更を元に戻しています

まじか! 元に戻すの?!

また画面は真っ黒で電源がついたまま。

しかし、今度はHDDをカリカリ読んでいる。

何かやってる感じなので、放置。

2時間後、気付いたらスリープになっている。

ああ、良い感じ。

電源ボタンON。

無事にWindowsログイン画面が出てきて、正常起動しました!

\(^o^)/

なんや、この手間は。

これで、アップデート出来ずに、元に戻ったんやろ。

まあ、正常にパソコン使えることが幸福。

何でもないようなことが幸せだったと思う。

ちょっとずつ分かってきた

更新履歴を見ると、よく分かる。

20H2 の前の、Version1909で一部分しかインストールがされていない。

これを飛ばして、次の20H2のアップデートの通知も来ている。

次の方の記事が、参考になった。 →こちら

これは、どうしたら良いのだ。

とりあえず、データのバックアップを外付けに取りました。これで一安心。

売れ筋の外付けSSDを載せておきます。

普段から外付けSSDなどで データバックアップの習慣をつくっておけば、最悪の事態は防げます。

パソコンデータは外付けSSDで簡単バックアップしておくと安心!

アップデートを阻む原因

Windowsアップデートが出来ない原因としては、

アップデートを妨げる原因

1.HDD空き容量の不足

2.インターネット接続が不十分

3.パソコンのスペックが異常に低い

4.管理者アカウントでWindowsにログインしていない

5.常駐プログラムの動作がバックで邪魔をしている

6.セキュリティーソフトを2つ以上入れている 

7.パソコン内のアップデートファイルが破損している

アップデートファイルの破損修復は、コマンドを入れて行うようだが可能性が低そうなので、今回は考えない。

セキュリティーソフトは、ノートンを1個入れているが、Windows Defender と重なるとデメリットはあるかな?

とりあえず、ノートンをアンインストールして、余裕のある時にアップデートに再チャレンジしてみた。

2時間半かかりました-2004

ノートンをアンインストールして、うまくいく予感はしていた。

再起動までは30分くらいだったが、それからのインストールにゆっくりしか進まない。

待ってると、不安になるので期待せずに他のことをしていたら、2時間半で正常にインストールされた。

しかし、バージョン2004になっている。(2020年04月→2004となる)

ということは、この後の20H2はまだインストールされていないのか?

1909 → 2004 ここまで進んだか。

まあ、正常にインストールされて一安心。

やはり、何となくセキュリティーソフトはアンインストールしておいたほうが良い気がする。

その後-21H1

20H2 のアップデートを知らないうちに済ませていて、21H1 の待機が出ていた。

21H1 は10分位で終わります。

外付けカメラが使いやすくなるくらいの更新しかありません。

これでも、まだWindows11はインストールされないと表示されました。

もうしばらく更新を続けよう。

匿名で聞けちゃう!ユメサイトさんの質問箱です | Peing -質問箱-

お困りのことがございましたら、ご質問・ご意見ください。できる範囲で本サイトに反映させていきます。

Windows10は2025年まで

2021年後半にWindows11の新OS がスタートしました。

Windows10 はいつまで使えるのかと思いますが、サポート期間が発表されています。

2025年10月まで。

Windows10からWindows11への無料アップグレードはマイクロソフト社によれば、開始から1年間は続く見込みです。

その間に、アップグレードをしていくと良いですね。

注)Windows11に必要なCPU

第6世代Core-i3の場合

Windows 11はIntelでは第8世代Coreプロセッサ(Coffee Lake)以降、AMDでは「Zen 2」以降のプロセッサと比較的新しいモデルのみをサポートしており、それより古いCPUを積むPCではインストールできない。

ただし自分で変更を加えると可能になる。

CPU1GHz以上、2コア以上、64bitサポート
メモリー4GB以上
ストレージ64GB以上
ファームウェアUEFI、セキュアブートに対応
TPMTPM2.0以上
グラフィックDirectX12以上(WDDM2.0)に対応
ディスプレイ1280×720ビット以上
Windows11に必要なデバイス環境

年末にDELL中古パソコンをGET

左:今回入手したOPTIPLEX3040
DELL中古デスクトップ は、以前はヤマダ電機さんのサイトで買っていたのですが、今回は、PC-WRAP Yahooショッピング店から購入しました。オススメです。

CPU:Pentium(G4400)3.3GHz RAM:4GB ストレージSSD240GB 

この Pentium、普通のCorei3 レベルでサクサク動きSSDでかなり速い。WEB作業が、普段使っているHPのProBook 430 G3 よりも高速で作業できるようになりました。

新品SSDで3年保証 14800円 の激安

是非、PC-WRAP Yahooショッピング店 をチェックしてみてください。