必殺!年賀状を正月三が日に出さない技


昔ながらの年賀状の意識は

年末年始は、忙しい。

これは、みんなに共通のことだ。

その一つに、年賀状作りがある。

料理の支度や、人との交流の準備など、日程が詰まっている時に年賀状つくりが重なる。

たまにしか使わないプリンターのインクがなかったり、パソコンのトラブルが重なったり、

機械面で時間を取られる人が多い。

近年では、年賀状はSNSの普及で、私としては意味がなくなっている。

年賀状は、リアルの事業宣伝に使うことのほうが意味がある。

すると、元旦に届かせる必要があるのか?

昔の考え方では、元旦に届かないと失礼、点数が下がる。

しかし、元旦には多くの年賀状が集まるわけで、見る側の脳もビジー状態で、逆に忘れ去られるのでは?

現代の年賀状の感覚

家族に頼まれた年賀状は、パパっと済ませたとして、

自分の年賀状は、使う意味としてはリアルの事業宣伝だ。

一年で、はがき広告を出すという発想は、このタイミングでしか出てこない。

最近では、Google広告、Facebook広告、YouTube広告など、オンラインの存在が大きくなっている。

ここでも、リアルとWEBの両方法が出てきている。

年賀状の活用用途は、一枚63円で何ができるかだ。

インク、トナー代も考えて、どっちが得なのかを考えていこう。

年間の仕事パフォーマンス最大化を考えたら、年賀状のタイミングをずらすのもアリ。